2017年12月の休診日:3日、10日、17日、19日午前(月)、23日(祝)、24日、31日
※19日(月)午前は研修のため休診です。2018年1月1日〜4日は年末年始で休診になります。

受付時間: 月~土曜☆09:00~10:00(予約のみ)☆10:00~13:00/15:00~20:00☆20:00~21:00(予約のみ)

天王町接骨院で改善できるあなたの症状

骨格と筋肉のプロが提案する運動指導&健康のためのダイエット指導

接骨院・整骨院をかしこく使って痛みのない快適な日常を

痛みを経験した人にはわかるはず、痛みが出ない身体のありがたみ。
そうなれるよう支援するのもプロの役割と考えます。

痛みの症状が治まった後も、生活がまったく変わらず、同じ身体の使い方をしていると、また痛みが出てきます。痛みを繰り返してしまう人も少なくありません。

でも、生活やクセを直すのは、そう簡単なことではありませんね。
そこで、かしこく使いたいのが接骨院や整骨院。天王町接骨院では骨格と筋肉のプロという立場から、痛みが解消された後の運動指導、生活(主に姿勢)指導をおこない、痛みが出ない身体づくりをサポートしています。
初診の際に、ていねいにカウンセリングを行い、痛みの原因を深くたどっているのも、的確な指導ができるのもポイントです。

腰痛の種類によっては、自己流のストレッチによって症状が悪化する場合があります。
天王町接骨院では運動指導もおこないますので、自分の症状にはどんな体操がいいのか、遠慮なく聞いてください。腰痛があるからと言って、誰でもストレッチや腰痛体操を行っていいわけではありません。状態に合ったものを具体的に適切なタイミングで行えるように指導します。

また、ずっと同じ姿勢でいると、決まった筋肉に負荷がかかり、筋緊張を起こして腰痛が再発する場合がよくあります。何時間かおきに筋肉を引っ張って伸ばすような静的ストレッチを心がけるといいでしょう。仕事の合間に椅子に座ったままできるもの、床に寝転がってじっくりとできるものなど、さまざまなストレッチがあり、肩こりの予防にも効果的です。気軽に方法をおたずねください。

ストレッチの他には、骨盤を元の位置に戻す体操やスクワットもおすすめです。ヨガやピラティスの「キャットストレッチ」や「ニュートラルポジション」は、背骨のねじれや骨盤のゆがみを正し、基礎代謝を高めることができる産前産後の女性にも人気のエクササイズです。

エクササイズも、ストレッチも、継続することで効果が出ます。わずかな運動を継続的に行うことで回避できる痛みもあるのです。ただし、正しくおこなうこと、患部の状態に合わせて内容を確認しながら負担のないようにじっくり進めることが大切です。間違ったやり方や自己流では効果が出ないことが多いので、ぜひご相談ください。

私たちの役割は、治療して痛みを改善すれば終わりとは考えません。
痛みの出ない身体をつくっていただくことにこそ主眼をおいているため、治療が最終段階になりましたら、運動指導をさせていただきます。
さらに、膝痛や腰痛など体重が身体への負担となって出ている痛みに関しては、ご要望によりダイエットの指導もしますので、お気軽にご相談ください。

腰痛解消後の運動例

ウォーミングアップや、ケガの予防のためのストレッチだけでなく、腰痛後のケア、予防としてのストレッチは非常に大切です。

腰痛予防として大切なのは、腰から下肢の筋緊張を取り除くことと、適度な運動による筋肉のハリです。矛盾しているようですが、運動不足になると、脊椎を支える腰回りの筋肉(特に、腹筋と背筋)が衰えてしまうため、腰への負荷を支えきれなくなり、腰痛が起こりやすくなるのです。
また、筋トレには筋肉を動かすことで血流をよくする効果も見込めることから、血行不良による腰痛の予防・改善にも効果的なのです。

腰痛の予防・改善にはインナーマッスルを鍛えるのがもっとも重要で体幹(胴体)にあるものはコアマッスルと呼ばれ、それを鍛えることが、腰痛の予防・改善にもっとも効果的です。
中でも、腹横筋と多裂筋と呼ばれるコアマッスル特に、腹横筋はさまざまな動作の初めに活動する筋肉で、腰部の安定性を強くできると考えています。

天王町接骨院では患者様の状態や年齢、求めるパフォーマンスなど個々に合わせたより効果的なストレッチ指導を行います。ケガ・リハビリについても患者様の状態に合わせ、ゆっくりかつ適切に調整していきます。

肩こりや頭痛の解消・予防に効果のある運動例

同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス、この4つが肩こりの典型的な原因といわれています。解消のためには、気になる部分の血流をよくすることが効果的です。首や肩をグルグル回すだけでも肩甲骨周りの血流は大幅に改善されます。

しかし筋緊張が強い場合には、これでは追いつかないこともあります。そのようなときには、水泳やヨガ、ラジオ体操などの全身運動が効果的です。
それも全力で行うのではなく、リラックスした状態で15分ほど行うことで血流が回復し、停滞している疲労物質が流されます。
その後ストレッチをおこなうと、さらに効果的です。ストレッチにより身体をクールダウンさせ、交感神経優位から副交感神経優位のリラックス状態に導くことができ、筋肉の細胞が修復されやすいのです。

つまり、交感神経が興奮しすぎない程度の運動と、使った筋肉をしっかり疲労回復させることが、肩こり解消のポイントというわけです。患者さんの状態に合った運動のタイミングや効果的なクールダウンの方法をお教えしますので、お気軽にご相談ください。

症例ブログ《からだ研究所》